心筋に刺激を送って心収縮を人為的に行うために、体内に埋め込む小型の医療機器をペースメーカーといいますが、パースメーカーをつけていても、VIO脱毛はできるのでしょうか?

ニードル脱毛

VIO脱毛など、脱毛の部位に関係なく、受けてはいけません、ニードル脱毛とは細い針を毛穴に刺して、毛根に電流を流すやり方なので、ペースメーカーになんらかの異常が生じる可能性が高いからです。

説明があるとは思いますが、万が一大丈夫と言われたら主治医に相談するなどして、絶対に避けましょう。

サロンでの光脱毛

光脱毛の機器から発する電磁波にはペースメーカーへの影響を科学的に証明したものはありませんが、基本的にどこのサロンでも禁忌事項になっています。

もし、なにかあったときに迅速に対応できる医療スタッフがいないなどの理由もありますが、サロンでの脱毛はできません。

クリニック

クリニックごとに対応が違うので、VIO脱毛をしてくれるかどうか、よく確認する必要があります。医師や看護師が常駐しているので、脱毛を引き受けると明確に打ち出しているところもあれば、条件つきというところもありますので、しっかり話し合って、希望の叶う場所を見つけましょう。



ペースメーカーをつけているからこそ、日常の煩わしいムダ毛処理をなんとかしたい、という人もいるでしょうが、体内にある心臓を動かす機械に影響を及ぼすのならば、わざわざ危険を承知でサロンやクリニックで脱毛するよりも、抑毛クリームなどを使ってケアを続けていくほうが良い場合もあります。

どうしても生理の負担を軽減させたいから脱毛がしたいなどの理由があるときは、かかりつけの医師に相談しましょう。

もしかしたら、脱毛できる皮膚科などを紹介してもらえるかもしれません。ストレスが一番の負担になるので、恥ずかしいかもしれませんが、思い切って相談してみましょう。

ペースメーカーを使っているからといって諦めなくても良いことはたくさんあります。まずは1人で悩むことを止めることから始めましょう。



SBC湘南美容外科